2020年01月01日

短歌人ネット歌会のお知らせ

 短歌人会では、ネット歌会を実施しております。
 歌会になかなかご参加できない方や、歌会のない地域在住の方々にも、
積極的にご参加いただければと考えております。最近入会された方のご参加も歓迎です。

 多くの方の作品とコメントで歌会が盛り上がり、この歌会で得たものが誌面へと
反映されれば、私どもにとってこれ以上のことはありません。
 ここ数年は、年4回(2、5、8、11月)開催が定着しています。
 多くの方のご参加をお待ち申し上げております。


             短歌人会 インターネット担当編集委員 生沼義朗
               同      ネット歌会幹事   太田青磁
               同      公式サイト管理担当 村田 馨


【注意事項】 ※必ずよくお読みください。 

●歌会会場はこのブログとなります。
●詠草は詠草応募専用アドレス tankajin.eisou@gmail.com までお送り下さい。
●歌会開始後、各詠草一首ずつを1スレッドとした記事を幹事サイドで書き込みますので、
 作品へのコメントはそのスレッドに返す形でおのおの述べて下さい。
●ひとつのスレッドに何回コメントをされても大丈夫ですが、必ずコメントはそれぞれのスレッドにお書きになって下さい。また、歌の批評と関係ないことを述べるのもおやめ下さい。
●コメントの字数制限はありませんが、長いコメントに関しましては、何回かに分けて書き込みされますことをお勧めします。
●閲覧はどなたでも可能ですが、歌会への詠草提出とコメント参加は短歌人会員・同人および定期購読会員に限らさせて戴きます。
●詠草提出および批評の際は、「短歌人」誌上で使われているお名前と同じものに限ります。
 したがって誌上で使っていない名前、特にハンドルネームの使用を禁止します。これは会員および同人のID確認、および批評に対する発言責任を明確にするためです。
●最近入会された方は、詠草送付のメールを送られる際に会員番号を明記して下さると在籍確認がスムーズにいきますので、ご協力をお願いします。
●匿名による発言は、予告なく削除させていただきます。
●作者名発表前にその作品の作者が作者名を明らかにすることも、忌憚ない意見の交換を阻むことになりますので、禁止とさせていただきます。また第三者を装う形で、その作品の作者が作者名公表前に自ら意見を述べることも、フェアな批評を妨げるおそれがありますので、ご遠慮下さい。
●さらにその作品の作者を特定し得るコメントも、同様に健全な批評を阻害する可能性がありますので、お控え戴きますようお願い申し上げます。

●ご質問やご意見は基本的にメールでお願いしておりますが、何らかの理由でメールが送れない方や緊急の場合はこのコメント欄に直接お書きになっても構いません。
 なおこの欄のコメントは一定期間経過後に、幹事の判断で適宜削除等の管理を行います。あらかじめご了承下さい。

posted by 短歌人会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌会告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

第38回短歌人ネット歌会作者名発表

第38回短歌人ネット歌会の作者名を発表します。

本日から3月11日(月)いっぱいまで
各作品の作者名がオープンになった上でのコメントを受け付けます。
読みがうまくできなかった作品などに関しまして、
作者の方との質疑応答などにお役立て戴ければと存じます。いうなれば感想戦です。
なお、作者名発表が遅れましたので、コメント受付期間を延長させていただきました。
参加者の皆さんにはお詫び申し上げます。

特にまだコメントのない方は、是非一言述べて下さればと存じます。
ご自分の作品にでも他の方の作品にでも構いません。
出詠の有無は関係ありませんし、もちろんここからのご登場も大歓迎です。

皆さまの積極的なご発言で、歌会終了まで会を盛り上げて戴ければと存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。


【詠草(題詠「初」)】 ※カッコ内はルビとなります。
 
1. エキゾチツクな燈火ゆらめくアセチレンランプだつたか初市の棚 / かわすみさとる

2. はれやかに初荷の幟はためかせ大きトラック凍て道をゆく / 岡本はな

3. 初陣を祝うふりをし「亡き者になってしまえ」と願う腹心 / 笹渕静香

4. 亥の春に福を呼ばむとさみどりの初物を買ふ博多蕾菜 / 肥塚しゅう

5. 辞書に知る初井言栄とわれら知る初井しづ枝にかかわりはない / 吉岡生夫

6. 来し方の無骨を悔やむとりかへしつかぬともだゆ深み初むる鬱 / 伊藤阡

7. 初の字の多くならべる歳時記の新年の項にひかりは充ちる / 生沼義朗

8. 国民の過度の期待に潰されし稀勢の里去る初場所四日目 / 村田馨

9. 山径にテレビそれから算数の初級ドリルも捨てられており / 竹田正史

10. CDの音よりずっと生々し初めて聴いたSPの音 / 高良俊礼

11. 「あけましておめでとうです」北向きの鏡が我の初老を映す / 高橋浩二

12. 日の入りが遅くなったね何時だってあとからわかる「あれが初めて」 / 山中もとひ

13. 初めての家族旅行になった海やさしく響く潮騒の音 / 小笠原啓太

14. 初めてのログインなればこんにちはこれには数分かかりそうです / 津和歌子

15. 立ち並ぶ初な巫女らの社務所から買いしお札のつり銭多し / 宇田川庄五

16. 父母にこんな表情あったとは初孫に向ける眼差しと笑み / 五十嵐真希

17. 丘の上(へ)の小さき社の初まうでわれのみ縁談吉とありたり / 鎌田章子

18. 人形とともに買われたオルゴール虫に喰われて「うれしいひなまつり」 / 亀尾美香

19. 白鳥の飛来地ちかき初任地をはるけく憶う冬の朝(あした)に / 加藤隆枝

20. 「初めまして」挨拶のあと「干支はなに」答えるまでに十秒かかる / 馬淵のり子

21. ちさく白くスノードロップは咲き初めつけふの立春をことほぐごとく / 永井秀幸

22. 初戦敗退告げるブザーを最後まで聞いて走り出す まずモップをかける / 佐藤ゆうこ

23. 初髪の桃割れにさすかんざしのつまみ細工に揺るるびらびら / 弘井文子

24. エンディングノートを書くのは初めてとペンとる父の背を撫でており / 真中北辰

25.京王新線初台駅の終電を見送り笑う老婆の伝説 / 藤原龍一郎

なおこの記事にコメントはつけられません。
以前のコメント同様、それぞれの作品に関するスレッド直接お願い申し上げます。
3月12日以降は、コメントは一切つけられなくなりますので、書き込みはお早めにされますことをおすすめします。

次回第39回歌会は5月開催予定です。4月下旬より詠草募集を開始します。
歌会に対する改善案などありましたら、積極的にお寄せ下さい。できる限り運営に反映させて参ります。

次回もたくさんの方々のご参加をお待ち申し上げております。
ではもうしばらくの間、よろしくお願い申し上げます。
posted by 短歌人会 at 10:38| 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

第38回短歌人ネット歌会詠草一覧

第38回短歌人ネット歌会の詠草一覧を発表します。
詠草を提出された方は、ご自分の詠草に間違いがないかご確認下さい。
なお括弧内はルビとなります。

もし万一ご自分の詠草に誤植あるいは未掲載などがありましたら、
2月11日(月)の20時までに tankajin.eisou@gmail.com  までにメールでお知らせ下さい。
ただし原則、幹事サイドのミスに基づく誤植や、
メールの不具合等によって生じた未着による追加に限り、推敲等の訂正には応じられません。

なおここしばらく、詠草送付先アドレスの運営元での不具合のため、
メールの大幅な遅着や未着が発生しております。

特に詠草が未掲載の方は、詠草が到着していない可能性が高いので、
ご迷惑とお手数をおかけ致しますが、この記事のコメント欄に
未掲載の旨と参加詠草を直接お書きこみ下さい。

その場合はお名前と、最近入会された方は会員番号をできましたらお願いします。
なお書き込まれた内容は公開されませんので、ご安心下さい。

また詠草訂正・未掲載いずれの場合も、締切を過ぎてからのお申し出は
お受けできませんので、かならず2月11日(月)の20時までにご連絡下さい。


【詠草(題詠=初)】 ※カッコ内はルビとなります。 

1. エキゾチツクな燈火ゆらめくアセチレンランプだつたか初市の棚

2. はれやかに初荷の幟はためかせ大きトラック凍て道をゆく

3. 初陣を祝うふりをし「亡き者になってしまえ」と願う腹心

4. 亥の春に福を呼ばむとさみどりの初物を買ふ博多蕾菜

5. 辞書に知る初井言栄とわれら知る初井しづ枝にかかわりはない

6. 来し方の無骨を悔やむとりかへしつかぬともだゆ深み初むる鬱

7. 初の字の多くならべる歳時記の新年の項にひかりは充ちる

8. 国民の過度の期待に潰されし稀勢の里去る初場所四日目

9. 山径にテレビそれから算数の初級ドリルも捨てられており

10. CDの音よりずっと生々し初めて聴いたSPの音

11. 「あけましておめでとうです」北向きの鏡が我の初老を映す

12. 日の入りが遅くなったね何時だってあとからわかる「あれが初めて」

13. 初めての家族旅行になった海やさしく響く潮騒の音

14. 初めてのログインなればこんにちはこれには数分かかりそうです

15. 立ち並ぶ初な巫女らの社務所から買いしお札のつり銭多し

16. 父母にこんな表情あったとは初孫に向ける眼差しと笑み

17. 丘の上(へ)の小さき社の初まうでわれのみ縁談吉とありたり

18. 人形とともに買われたオルゴール虫に喰われて「うれしいひなまつり」

19. 白鳥の飛来地ちかき初任地をはるけく憶う冬の朝(あした)に

20. 「初めまして」挨拶のあと「干支はなに」答えるまでに十秒かかる

21. ちさく白くスノードロップは咲き初めつけふの立春をことほぐごとく

22. 初戦敗退告げるブザーを最後まで聞いて走り出す まずモップをかける

23. 初髪の桃割れにさすかんざしのつまみ細工に揺るるびらびら

24. エンディングノートを書くのは初めてとペンとる父の背を撫でており

25.京王新線初台駅の終電を見送り笑う老婆の伝説


詠草は以上です。
今回は25 首の詠草が寄せられました。皆さま、ありがとうございます。

コメントはそれぞれの作品に関するスレッドにお願い申し上げます。
コメント受付期間は2月14日(木)から3月4日(月)までとなります。
アップ作業および集計が速く終われば、前倒しして発表します。

詠草を提出していない方でも、短歌人会のメンバーでしたら
どなたでもコメントできますので、奮ってご参加下さい。
皆さまの活発なコメントを期待します。

さらに個別のコメント以外に、今回の歌会全体の作品について
忌憚ないご意見を交わす場として、この記事のコメント欄を開放します。
詠草全体の傾向や、今回の題についてのご意見などこちらにお寄せ下さい。

それ以外にご不明な点がありましたら、
tankajin.eisou@gmail.com までお願い申し上げます。
posted by 短歌人会 at 10:00| Comment(0) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会参加者一覧

第38回ネット歌会の参加者のご氏名をお知らせします。
参加者は以下の25名となります。ご参加ありがとうございます。
なお、◆印の方はコメントのみの参加の方です。

【第38回ネット歌会参加者〔題詠=「初」〕】

五十嵐真希、伊藤 阡、宇田川庄五、生沼義朗、小笠原啓太、
岡本はな、加藤隆枝、鎌田章子、亀尾美香、かわすみさとる、
肥塚しゅう、笹渕静香、佐藤ゆうこ、橋浩二、高良俊礼、
竹田正史、津和歌子、永井秀幸、弘井文子、藤原龍一郎、
真中北辰、馬淵のり子、村田 馨、山中もとひ、吉岡生夫 
                  (五十音順・敬称略)

今後、今回の進行及び告知もこのスレッドでご案内しますので、
会期中お目通し戴ければと存じます。

上記の参加者名簿にお名前がない方は、幹事の手元に詠草が届いておりません。
もし詠草をすでに送られているにもかかわらず、
上記にお名前がない方がおられましたら、
ご迷惑とお手数をおかけ致しますが、この記事のコメント欄に
お名前と参加詠草を直接お書きこみ下さい。
書き込まれた内容は公開されませんので、ご安心下さい。

ご不明な点がありましたら、tankajin.eisou@gmail.com
もしくはこの記事のコメント欄に直接、お問い合わせ内容をお書きこみ下さい。
こちらも内容が公開されることはございません。

また、今回のネット歌会でもコメントを書き込んだらすぐに反映されます。
仮に不適切と思われるコメントがあった際は、幹事が検討の上で削除し、
その旨の一文を入れさせていただきます。
ルールに反するコメントに対しましても、同様の対応となります。
特にコメント記入の際にご自身のお名前は間違えないようにお願いいたします。

それでは、今回の歌会もよろしくお願い申し上げます。


短歌人ネット歌会幹事  生沼義朗 太田青磁 村田馨
posted by 短歌人会 at 06:00| Comment(0) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/1

エキゾチツクな燈火ゆらめくアセチレンランプだつたか初市の棚
posted by 短歌人会 at 00:25| Comment(3) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/2

はれやかに初荷の幟はためかせ大きトラック凍て道をゆく
posted by 短歌人会 at 00:24| Comment(1) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/3

初陣を祝うふりをし「亡き者になってしまえ」と願う腹心
posted by 短歌人会 at 00:23| Comment(3) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/4

亥の春に福を呼ばむとさみどりの初物を買ふ博多蕾菜
posted by 短歌人会 at 00:22| Comment(4) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/5

辞書に知る初井言栄とわれら知る初井しづ枝にかかわりはない
posted by 短歌人会 at 00:21| Comment(2) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/6

来し方の無骨を悔やむとりかへしつかぬともだゆ深み初むる鬱
posted by 短歌人会 at 00:20| Comment(2) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/7

初の字の多くならべる歳時記の新年の項にひかりは充ちる
posted by 短歌人会 at 00:19| Comment(4) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/8

国民の過度の期待に潰されし稀勢の里去る初場所四日目
posted by 短歌人会 at 00:18| Comment(1) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/9

山径にテレビそれから算数の初級ドリルも捨てられており
posted by 短歌人会 at 00:17| Comment(3) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/10

CDの音よりずっと生々し初めて聴いたSPの音
posted by 短歌人会 at 00:16| Comment(2) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/11

「あけましておめでとうです」北向きの鏡が我の初老を映す
posted by 短歌人会 at 00:15| Comment(6) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/12

日の入りが遅くなったね何時だってあとからわかる「あれが初めて」
posted by 短歌人会 at 00:14| Comment(4) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/13

初めての家族旅行になった海やさしく響く潮騒の音
posted by 短歌人会 at 00:13| Comment(4) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/14

初めてのログインなればこんにちはこれには数分かかりそうです
posted by 短歌人会 at 00:12| Comment(3) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/15

立ち並ぶ初な巫女らの社務所から買いしお札のつり銭多し
posted by 短歌人会 at 00:11| Comment(2) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/16

父母にこんな表情あったとは初孫に向ける眼差しと笑み
posted by 短歌人会 at 00:10| Comment(3) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/17

丘の上(へ)の小さき社の初まうでわれのみ縁談吉とありたり

 ※カッコ内はルビ
posted by 短歌人会 at 00:09| Comment(3) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/18

人形とともに買われたオルゴール虫に喰われて「うれしいひなまつり」
posted by 短歌人会 at 00:08| Comment(2) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/19

白鳥の飛来地ちかき初任地をはるけく憶う冬の朝(あした)に
posted by 短歌人会 at 00:07| Comment(7) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/20

「初めまして」挨拶のあと「干支はなに」答えるまでに十秒かかる
posted by 短歌人会 at 00:06| Comment(2) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/21

ちさく白くスノードロップは咲き初めつけふの立春をことほぐごとく
posted by 短歌人会 at 00:05| Comment(5) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/22

初戦敗退告げるブザーを最後まで聞いて走り出す まずモップをかける
posted by 短歌人会 at 00:04| Comment(1) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/23

初髪の桃割れにさすかんざしのつまみ細工に揺るるびらびら
posted by 短歌人会 at 00:03| Comment(4) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/24

エンディングノートを書くのは初めてとペンとる父の背を撫でており
posted by 短歌人会 at 00:02| Comment(3) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回ネット歌会詠草/25

京王新線初台駅の終電を見送り笑う老婆の伝説
posted by 短歌人会 at 00:01| Comment(5) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

第38回短歌人ネット歌会のご案内 【題詠「初」/選歌なし】

第38回短歌人ネット歌会のご案内です。
今回は題詠で、互選は行いません。

短歌人の会員・同人の方でしたら、どなたでもご参加できますので、
ぜひ多くの方のご出詠とコメントで歌会を盛り上げていただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。

ご参加の際にはかならず、注意事項
http://tankajin.seesaa.net/article/143867996.html をよくお読み下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――

【第38回ネット歌会概要】

★応募要項
  新作未発表1首(題詠「初」)を2月7日(木)の22:00までに
  tankajin.eisou@gmail.com 宛お送り下さい。
  また詠草の集まり具合によりましては、スケジュールを変更することがあります。

★スケジュール(予定)
※今回は幹事サイドの都合で、スケジュールが変更となります。ご注意下さい。

  詠草受付 2月7日(木)22:00まで
       題詠「初」1首
       詠草はメールでのみ受付けます。

  詠草一次発表  2月9日(土)
      万一詠草に誤植があった方は2月10日(日)の20:00までに
      メールで tankajin.eisou@gmail.com までお申し出下さい。
      ただし誤植以外の訂正には応じられません。
      またコメント受付開始後の訂正もできませんので、
      誤植訂正の必要な方はかならず期限までにメールでお申し出下さい。

  確定詠草発表  2月14日(木)

  コメント受付  2月14日(木)〜 3月4日(月)

  作者名発表   3月5日(火)

  作者発表後コメント受付 3月5日(火)〜 3月9日(土)


★記 録    ※ 詠草提出者の方にお願い致します。
          ご依頼がありました方は、何卒よろしくお願い申し上げます。

★幹 事     生沼義朗・太田青磁・村田馨

★詠草送付先   tankajin.eisou@gmail.com

※ 詠草送付メールの件名は必ず「第38回短歌人ネット歌会詠草/お名前」として下さい。
※ 詠草およびお問い合わせのメールの件名には、かならずお名前を書いて下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――
posted by 短歌人会 at 00:00| Comment(0) | 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

第37回短歌人ネット歌会作者名発表

第37回短歌人ネット歌会の作者名を発表します。

本日から11月30日(金)いっぱいまで、
各作品の作者名がオープンになった上でのコメントを受け付けます。
読みがうまくできなかった作品などに関しまして、
作者の方との質疑応答などにお役立て戴ければと存じます。いうなれば感想戦です。
なお、作者名発表が遅れましたので、コメント受付期間を延長させていただきました。
参加者の皆さんにはお詫び申し上げます。

特にまだコメントのない方は、是非一言述べて下さればと存じます。
ご自分の作品にでも他の方の作品にでも構いません。
詠草の有無は関係ありませんし、もちろんここからのご登場も大歓迎です。

皆さまの積極的なご発言で、歌会終了まで会を盛り上げて戴ければと存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。


【詠草(自由詠)】 ※カッコ内はルビとなります。 

1. まぶた閉ざし瞼の裏を見つむれば赤き灯ぽつりともりてきえし / かわすみさとる

2. 鈴ゆれて天高くまで広がりぬ神よぶ花よ巫女(かんなぎ)の舞い / 真中北辰

3. 神無しの越前・越後・越中とこよなく晴れて褌を干す / たかだ牛道

4. その奥に暗室のあるカメラ屋の朝ふる雨に酸き匂ひ顕つ / 竹田正史

5. 美容室帰りに揺れる横髪を明日はきっと結い上げている / 本間美保

6. 人在らば今宵は何の王になるゆうらゆうらと叫び過ぐ声 / 山中もとひ 

7. 前後左右そこに求める幸はない 君の左胸の中にある / 笹渕静香

8. 伯林青(べれんす)という色に爪染めてみる夜ふけの空をつかもうとして / 馬淵のり子

9. 季節はづれと疑はれても十月を本然として子福桜咲く / 肥塚しゅう

10. 爺ちゃんは爺ちゃんであってそれ以外の何ものでもないまして祖父(おおちち)/ 吉岡生夫

11. 新橋の駅蕎麦の店「ポンヌフ」をシンプルイズベストとわが讃えたし / 生沼義朗

12. モンブラン太字にインク含ませて秋の夜更けの手紙を綴る / 藤原龍一郎

13. 苦しみてながらふることに意味ありやかく問ふ人の言葉聞くのみ / 鎌田章子

14. 朝夕の寒さがそぞろ身に沁みてくるやうなりき秋深まりぬ / 永井秀幸

15. 「三度目の正直」過ぎて「七転び八起き」も超えてどこまで行ける? / 加藤骼}

16. 北海道ちょっと出かけて二百キロ普通に走って用足しをする / 伊藤阡

17. 蜘蛛がゐなくなる日が近い蜘蛛の巣の下を体をかがめて通る / 海野雪

18. 飲み会で「やめとけ」とそっと言う程のおせっかいなら許されるでしょう / 桑原憂太郎

19. 南国の烈しき雨を受けとめて水切り瓦は潔く反る / 亀尾美香

20. 波の音巻き込みながら落下して落下してゆく秋の日暮れは / 高良俊礼

21. 目的は果たせなかった旅だけど旅だから良い 人生は旅 / 空山徹平

22. 青と青その境界に一筋の線を探して彷徨うヨット / 木村昌資

23. すっぱりと斜め四十五度に切られた月をしばし見ている / 太田青磁


なおこの記事にコメントはつけられません。
以前のコメント同様、それぞれの作品に関するスレッド直接お願い申し上げます。
11月30日以降は、コメントは一切つけられなくなりますので、
書き込みはお早めにされますことをおすすめします。

次回第37回歌会は来年2月開催予定です。1月下旬より詠草募集を開始します。
歌会に対する改善案などありましたら、積極的にお寄せ下さい。
できる限り運営に反映させて参ります。

次回もたくさんの方々のご参加をお待ち申し上げております。
ではもうしばらくの間、よろしくお願い申し上げます。
posted by 短歌人会 at 10:00| Comment(0) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

第37回短歌人ネット歌会お知らせ欄

第37回短歌人ネット歌会に
多数のご参加をいただきありがとうございます。

コメントが少ない歌、あるいは質問が出ている歌や
議論が起きている歌などについて
この欄でアナウンスさせていただきます。

ぜひコメントをお寄せになる際のご参考にしていただければと存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。


■コメントが1つの歌

18.飲み会で「やめとけ」とそっと言う程のおせっかいなら許されるでしょう

■コメントが2つの歌

2.鈴ゆれて天高くまで広がりぬ神よぶ花よ巫女(かんなぎ)の舞い

4.その奥に暗室のあるカメラ屋の朝ふる雨に酸き匂ひ顕つ

8.伯林青(べれんす)という色に爪染めてみる夜ふけの空をつかもうとして

9.季節はづれと疑はれても十月を本然として子福桜咲く

10.爺ちゃんは爺ちゃんであってそれ以外の何ものでもないまして祖父(おおちち)

14.朝夕の寒さがそぞろ身に沁みてくるやうなりき秋深まりぬ

■質問や疑問が出ている歌・読みの分かれている歌

6.人在らば今宵は何の王になるゆうらゆうらと叫び過ぐ声

20.波の音巻き込みながら落下して落下してゆく秋の日暮れは


【11/22(木)9:00現在】
posted by 短歌人会 at 10:31| Comment(0) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

第37回短歌人ネット歌会詠草一覧

第37回短歌人ネット歌会の詠草一覧を発表します。
詠草を提出された方は、ご自分の詠草に間違いがないかご確認下さい。
なお括弧内はルビとなります。

もし万一ご自分の詠草に誤植あるいは未掲載などがありましたら、
11月3日(土)の20時までに tankajin.eisou@gmail.com  まで
メールでお知らせ下さい。ただし原則、幹事サイドのミスに基づく誤植や、
メールの不具合等によって生じた未着による追加に限り、推敲等の訂正には応じられません。

なおここしばらく、詠草送付先アドレスの運営元での不具合のため、
メールの大幅な遅着や未着が発生しております。

特に詠草が未掲載の方は、詠草が到着していない可能性が高いので、
ご迷惑とお手数をおかけ致しますが、この記事のコメント欄に
未掲載の旨と参加詠草を直接お書きこみ下さい。

その場合はお名前と、最近入会された方は会員番号をできましたらお願いします。
なお書き込まれた内容は公開されませんので、ご安心下さい。

また詠草訂正・未掲載いずれの場合も、締切を過ぎてからのお申し出は
お受けできませんので、かならず11月3日(土)の20時までにご連絡下さい。


【詠草(自由詠)】 ※カッコ内はルビとなります。 

1. まぶた閉ざし瞼の裏を見つむれば赤き灯ぽつりともりてきえし

2. 鈴ゆれて天高くまで広がりぬ神よぶ花よ巫女(かんなぎ)の舞い

3. 神無しの越前・越後・越中とこよなく晴れて褌を干す

4. その奥に暗室のあるカメラ屋の朝ふる雨に酸き匂ひ顕つ

5. 美容室帰りに揺れる横髪を明日はきっと結い上げている

6. 人在らば今宵は何の王になるゆうらゆうらと叫び過ぐ声

7. 前後左右そこに求める幸はない 君の左胸の中にある

8. 伯林青(べれんす)という色に爪染めてみる夜ふけの空をつかもうとして

9. 季節はづれと疑はれても十月を本然として子福桜咲く

10. 爺ちゃんは爺ちゃんであってそれ以外の何ものでもないまして祖父(おおちち)

11. 新橋の駅蕎麦の店「ポンヌフ」をシンプルイズベストとわが讃えたし

12. モンブラン太字にインク含ませて秋の夜更けの手紙を綴る

13. 苦しみてながらふることに意味ありやかく問ふ人の言葉聞くのみ

14. 朝夕の寒さがそぞろ身に沁みてくるやうなりき秋深まりぬ

15. 「三度目の正直」過ぎて「七転び八起き」も超えてどこまで行ける?

16. 北海道ちょっと出かけて二百キロ普通に走って用足しをする

17. 蜘蛛がゐなくなる日が近い蜘蛛の巣の下を体をかがめて通る

18. 飲み会で「やめとけ」とそっと言う程のおせっかいなら許されるでしょう

19. 南国の烈しき雨を受けとめて水切り瓦は潔く反る

20. 波の音巻き込みながら落下して落下してゆく秋の日暮れは

21. 目的は果たせなかった旅だけど旅だから良い 人生は旅

22. 青と青その境界に一筋の線を探して彷徨うヨット

23. すっぱりと斜め四十五度に切られた月をしばし見ている


詠草は以上です。
今回は23首の詠草が寄せられました。皆さま、ありがとうございます。

コメントはそれぞれの作品に関するスレッドにお願い申し上げます。
コメント受付期間は11月7日(水)から11月25日(日)までとなります。
アップ作業および集計が速く終われば、前倒しして発表します。

詠草を提出していない方でも、短歌人会のメンバーでしたら
どなたでもコメントできますので、奮ってご参加下さい。
皆さまの活発なコメントを期待します。

さらに個別のコメント以外に、今回の歌会全体の作品について
忌憚ないご意見を交わす場として、この記事のコメント欄を開放します。
詠草全体の傾向や、今回の題についてのご意見などこちらにお寄せ下さい。

それ以外にご不明な点がありましたら、
tankajin.eisou@gmail.com までお願い申し上げます。
posted by 短歌人会 at 12:00| Comment(0) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会参加者一覧

第37回ネット歌会の参加者のご氏名をお知らせします。
参加者は以下の23名となります。ご参加ありがとうございます。
なお、◆印の方はコメントのみの参加の方です。

【第37回ネット歌会参加者〔自由詠〕】

伊藤 阡、海野 雪、生沼義朗、太田青磁、加藤隆枝、
鎌田章子、亀尾美香、かわすみさとる、木村昌資、桑原憂太郎、
肥塚しゅう、笹渕静香、空山徹平、たかだ牛道、高良俊礼、
竹田正史、永井秀幸、藤原龍一郎、本間美保、真中北辰、
馬淵のり子、山中もとひ、吉岡生夫     (五十音順・敬称略)

今後、今回の進行及び告知もこのスレッドでご案内しますので、
会期中お目通し戴ければと存じます。

上記の参加者名簿にお名前がない方は、幹事の手元に詠草が届いておりません。
もし詠草をすでに送られているにもかかわらず、
上記にお名前がない方がおられましたら、
ご迷惑とお手数をおかけ致しますが、この記事のコメント欄に
お名前と参加詠草を直接お書きこみ下さい。
書き込まれた内容は公開されませんので、ご安心下さい。

ご不明な点がありましたら、tankajin.eisou@gmail.com
もしくはこの記事のコメント欄に直接、お問い合わせ内容をお書きこみ下さい。
こちらも内容が公開されることはございません。

また、今回のネット歌会でもコメントを書き込んだらすぐに反映されます。
仮に不適切と思われるコメントがあった際は、幹事が検討の上で削除し、
その旨の一文を入れさせていただきます。
ルールに反するコメントに対しましても、同様の対応となります。
特にコメント記入の際にご自身のお名前は間違えないようにお願いいたします。

それでは、今回の歌会もよろしくお願い申し上げます。


短歌人ネット歌会幹事  生沼義朗 太田青磁 村田馨
posted by 短歌人会 at 10:00| Comment(0) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/1

まぶた閉ざし瞼の裏を見つむれば赤き灯ぽつりともりてきえし
posted by 短歌人会 at 00:23| Comment(4) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/2

鈴ゆれて天高くまで広がりぬ神よぶ花よ巫女(かんなぎ)の舞い

※カッコ内はルビ
posted by 短歌人会 at 00:22| Comment(2) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/3

神無しの越前・越後・越中とこよなく晴れて褌を干す
posted by 短歌人会 at 00:21| Comment(4) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/4

その奥に暗室のあるカメラ屋の朝ふる雨に酸き匂ひ顕つ
posted by 短歌人会 at 00:20| Comment(4) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/5

美容室帰りに揺れる横髪を明日はきっと結い上げている
posted by 短歌人会 at 00:19| Comment(10) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/6

人在らば今宵は何の王になるゆうらゆうらと叫び過ぐ声
posted by 短歌人会 at 00:18| Comment(4) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/7

前後左右そこに求める幸はない 君の左胸の中にある
posted by 短歌人会 at 00:17| Comment(7) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/8

伯林青(べれんす)という色に爪染めてみる夜ふけの空をつかもうとして

※カッコ内はルビ
posted by 短歌人会 at 00:16| Comment(3) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/9

季節はづれと疑はれても十月を本然として子福桜咲く
posted by 短歌人会 at 00:15| Comment(3) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/10

爺ちゃんは爺ちゃんであってそれ以外の何ものでもないまして祖父(おおちち)

※カッコ内はルビ
posted by 短歌人会 at 00:14| Comment(7) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/11

新橋の駅蕎麦の店「ポンヌフ」をシンプルイズベストとわが讃えたし
posted by 短歌人会 at 00:13| Comment(5) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/12

モンブラン太字にインク含ませて秋の夜更けの手紙を綴る
posted by 短歌人会 at 00:12| Comment(7) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/13

苦しみてながらふることに意味ありやかく問ふ人の言葉聞くのみ
posted by 短歌人会 at 00:11| Comment(5) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/14

朝夕の寒さがそぞろ身に沁みてくるやうなりき秋深まりぬ
posted by 短歌人会 at 00:10| Comment(3) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/15

「三度目の正直」過ぎて「七転び八起き」も超えてどこまで行ける?
posted by 短歌人会 at 00:09| Comment(6) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回ネット歌会詠草/16

北海道ちょっと出かけて二百キロ普通に走って用足しをする
posted by 短歌人会 at 00:08| Comment(5) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする