2019年03月07日

第38回短歌人ネット歌会作者名発表

第38回短歌人ネット歌会の作者名を発表します。

本日から3月11日(月)いっぱいまで
各作品の作者名がオープンになった上でのコメントを受け付けます。
読みがうまくできなかった作品などに関しまして、
作者の方との質疑応答などにお役立て戴ければと存じます。いうなれば感想戦です。
なお、作者名発表が遅れましたので、コメント受付期間を延長させていただきました。
参加者の皆さんにはお詫び申し上げます。

特にまだコメントのない方は、是非一言述べて下さればと存じます。
ご自分の作品にでも他の方の作品にでも構いません。
出詠の有無は関係ありませんし、もちろんここからのご登場も大歓迎です。

皆さまの積極的なご発言で、歌会終了まで会を盛り上げて戴ければと存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。


【詠草(題詠「初」)】 ※カッコ内はルビとなります。
 
1. エキゾチツクな燈火ゆらめくアセチレンランプだつたか初市の棚 / かわすみさとる

2. はれやかに初荷の幟はためかせ大きトラック凍て道をゆく / 岡本はな

3. 初陣を祝うふりをし「亡き者になってしまえ」と願う腹心 / 笹渕静香

4. 亥の春に福を呼ばむとさみどりの初物を買ふ博多蕾菜 / 肥塚しゅう

5. 辞書に知る初井言栄とわれら知る初井しづ枝にかかわりはない / 吉岡生夫

6. 来し方の無骨を悔やむとりかへしつかぬともだゆ深み初むる鬱 / 伊藤阡

7. 初の字の多くならべる歳時記の新年の項にひかりは充ちる / 生沼義朗

8. 国民の過度の期待に潰されし稀勢の里去る初場所四日目 / 村田馨

9. 山径にテレビそれから算数の初級ドリルも捨てられており / 竹田正史

10. CDの音よりずっと生々し初めて聴いたSPの音 / 高良俊礼

11. 「あけましておめでとうです」北向きの鏡が我の初老を映す / 高橋浩二

12. 日の入りが遅くなったね何時だってあとからわかる「あれが初めて」 / 山中もとひ

13. 初めての家族旅行になった海やさしく響く潮騒の音 / 小笠原啓太

14. 初めてのログインなればこんにちはこれには数分かかりそうです / 津和歌子

15. 立ち並ぶ初な巫女らの社務所から買いしお札のつり銭多し / 宇田川庄五

16. 父母にこんな表情あったとは初孫に向ける眼差しと笑み / 五十嵐真希

17. 丘の上(へ)の小さき社の初まうでわれのみ縁談吉とありたり / 鎌田章子

18. 人形とともに買われたオルゴール虫に喰われて「うれしいひなまつり」 / 亀尾美香

19. 白鳥の飛来地ちかき初任地をはるけく憶う冬の朝(あした)に / 加藤隆枝

20. 「初めまして」挨拶のあと「干支はなに」答えるまでに十秒かかる / 馬淵のり子

21. ちさく白くスノードロップは咲き初めつけふの立春をことほぐごとく / 永井秀幸

22. 初戦敗退告げるブザーを最後まで聞いて走り出す まずモップをかける / 佐藤ゆうこ

23. 初髪の桃割れにさすかんざしのつまみ細工に揺るるびらびら / 弘井文子

24. エンディングノートを書くのは初めてとペンとる父の背を撫でており / 真中北辰

25.京王新線初台駅の終電を見送り笑う老婆の伝説 / 藤原龍一郎

なおこの記事にコメントはつけられません。
以前のコメント同様、それぞれの作品に関するスレッド直接お願い申し上げます。
3月12日以降は、コメントは一切つけられなくなりますので、書き込みはお早めにされますことをおすすめします。

次回第39回歌会は5月開催予定です。4月下旬より詠草募集を開始します。
歌会に対する改善案などありましたら、積極的にお寄せ下さい。できる限り運営に反映させて参ります。

次回もたくさんの方々のご参加をお待ち申し上げております。
ではもうしばらくの間、よろしくお願い申し上げます。
posted by 短歌人会 at 10:38| 第38回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする