この記事へのコメント
えっと・・今年の恵方は南南東でしたか?
だとしたら作者はせっかく花を飾るなら恵方にと思ったのでしょう。
自分たちの幸せを願って恵方に花を飾る時、肉親の妹たちのことも心に浮かび、そういえばしばらく会っていないかなと妹たちのことに気持ちが行ったことを詠んだ歌と読みました。
暖かさを感じる歌です。
Posted by 海野 雪 at 2011年03月14日 13:43
説明できないけれども、共感しました。

5-7-5部分と7-7部分は、俳句でいう二物衝撃
のような感じにとりました。

両者は関係があるようでもあり、ないようでもある。
Posted by 楠田よはんな at 2011年03月16日 16:08

この記事へのトラックバック