この記事へのコメント
二句だけが八音で後は定型の短歌らしい短歌と思いました。意味も通っているのですが、下の句「なにゆえ秋は深まりゆくか」となにゆえ作者が問うているのかが僕にはよく分からずに良い読者にはなれませんでした。
Posted by 永井秀幸 at 2011年11月17日 17:12
なぜ秋になると紅葉するのか。ふと感じた不思議さを率直に表している歌。シンプルですが、いい歌だと思います。
Posted by 伊庭日出樹 at 2011年11月17日 20:02
コメントくださいました方々に御礼申し上げます。以下、自解です。
「秋が深まる」とは言いますが、春、夏、冬は「深まる」のでしょうか。あまり聞いたことはありません。春なら「たけなわ」、夏は「盛り」がしっくりきます。然らばなぜ?というのが本作の発端です。ひょっとすると、紅葉の色づきと「深まる」とに何か因果関係があるのではないか、と思った次第です。
Posted by 村田馨 at 2011年11月21日 15:39
作者自解で「秋は深まりゆくか」の意味が良く分かりました。読みが浅かったかなあとも思っています。
Posted by 永井秀幸 at 2011年11月22日 17:37

この記事へのトラックバック