この記事へのコメント
【選歌集計結果=5票】
【投票者=大室ゆらぎ/渋谷和夫/勺 禰子/たかだ牛道/西王 燦】
Posted by ネット歌会集計担当 at 2012年11月07日 09:06
私のことを指摘されたのかと思いました。切れ味が少々悪くなっても使い続けるのは、ペチッと折った時に折れた刃が自分に撥ね返ってくる恐怖心もあります。
この歌に力を得て折ってみます。
カッターの刃という素材からも、こんな面白い歌ができるのですね。
Posted by たかだ牛道 at 2012年11月08日 17:11
以前は「切れる人」と言えば、「頭の働きが鋭い人」のことでしたが、この頃ではいつの間にか「逆上する人」のことを言うようになってしまったようです。
上句は、「カッターの替え刃をこまめに折るように、常に鋭くありなさい」というような意味に取りました。この言葉は、自分自身にも向けられているのでしょうから、その場合、「常に鋭く、切れ味良くありたい」という意思でもあるのでしょう。
下句には、「切れる」の意味の変化が絡んでいて、無闇に逆上してキレたりせずに、言葉の本来の意味で「キレる」ようでなければならないということを言っているのではないでしょうか? この下句、啖呵を切っているようでもあり、説教調のようでもあり、無駄かも知れないが言ってみただけのようでもあり(たぶん、発声の仕方によって変わってくる)、妙な面白みがあります。
「折なさい」の送り仮名は、「折りなさい」ですよね?
Posted by 大室ゆらぎ at 2012年11月09日 11:06
大室さんの解釈、とても納得いたします。

ところで、

「折なさい」の送り仮名は、「折りなさい」ですよね?

というところ、はたしてミスなのだろうか?ということに、選歌の時から気になっていました。たとえば、「あやめ草足に結ん(むすばん)草鞋(わらぢ)の緒」とか、「五月雨の降(ふり)のこしてや光堂」とか、俳諧好みの人には、こういう送り仮名の省略が多いです。『広辞苑』も若干、そういう傾向あり。

しかし、もしそうならば、「替え刃」は「替刃」と表記するだろう。
のちのち、作者の意見を教えていただきたく。

Posted by 西王 燦 at 2012年11月09日 19:51
カッターの替え刃こまめに折なさいキレるというはそういうことよ

老若男女問わず、些細なことですぐに理性を失ってキレる人が
この頃ますます増えて来ているように感じますが、
この歌はそういった人たちへの作者の苦言であり忠告なのでしょう。
「すぐキレてしまうあなたたちは、切れ味のにぶくなった
カッターの刃のようなものなのよ」と言っているのです。
「本当に切れるというのは、替え刃をこまめに折って刃を新しくしておくってことよ」
と、ユーモアを交えて皮肉たっぷりに語りかけているところがおもしろいです。
「折なさい」は単純なミスだと思いました。
とても印象に残った作品で、選歌候補でした。
 
Posted by 伊波虎英 at 2012年11月17日 00:55
私も魅かれてはいましたがどういう解釈をするか悩んじゃって、取れなかったのです。

几帳面な人は、ある時点でカッターの刃をぱきっと切ります。常に切れ味よくという意思でもありますが。「キレる」にかけているということで、伝家の宝刀は常に手入れを怠らず、しぶちんなのかものぐさなのか、そういうカッターナイフはさびたり、切れなくなったりです。

そういう小気味よさがあるのと、この人がキレたらさぞや恐ろしいだろうな、という気持ちがしましたね。
Posted by ふゆのゆふ at 2012年11月17日 12:27
西王さんの送り仮名についてですが多分口語、新かなの歌だと思うので(上句は文語旧かなで下句は口語新かなになるという歌もあることはあります)あえてそうするメリットがなさそうに思うんです、作者の方はどうおもわれているかがわかりませんが。

入力ミスでしょう、きっと。ミスをしない人間はいませんから。
Posted by ふゆのゆふ at 2012年11月18日 10:55
コメント遅くなりすみません。
大意は大室さん、伊波さんの書かれているとおりと思います。
西王さんのおっしゃる折は入力ミスかなと思いました。
おもしろさというか、不気味さを増しているというか、ぎりぎりのところでお説教臭くならなかったのは、たとえがカッターというところで、「切れ味」という点では本当は研いだりする刀や包丁をイメージするのですが、パキパキっと折っていくカッターを「キレる」の本来の意味に持ってきたところが、本当はそれもちょっと違うんだけど、日々、さまざまなものに折れながらキレる(冴える)とはそういうことさというニュアンスがあっておもしろいと思いました。あ、結局お説教臭いのかな(笑)。
Posted by 勺 禰子(しゃく・ねこ) at 2012年11月26日 03:10
コメントを戴きましてありがとうございました。
「折なさい」は「折りなさい」ですね。気がつきませんでした。ふゆのゆふさんのコメントはドキリです。ことばはかがみと思いました。勉強になります。
Posted by 北島裕子 at 2012年11月30日 14:13

この記事へのトラックバック