2012年11月26日

第13回短歌人ネット歌会作者名発表

第13回短歌人ネット歌会の作者名を発表します。
本日から11月30日の金曜日いっぱいまで、
各作品の作者名がオープンになった上でのコメントを受け付けます。

読みがうまくできなかった作品などに関しまして、
作者の方との質疑応答などにお役立て戴ければと存じます。いうなれば感想戦です。

特にまだコメントのない方は、是非一言述べて下さればと存じます。
ご自分の作品にでも他の方の作品にでも構いません。

もちろん、それ以外の方のここからのご登場も大歓迎です。
皆さまの積極的なご発言で、歌会終了まで会を盛り上げて戴ければと存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。


【詠草】※カッコ内はルビ

1.おにぎりとおむすびの差はなんだらう?昭和の母が大きおむすび / 西王 燦

2.頬を切る鋭き冬の風うしろなる鬼はいったい誰なんだろう / 青柳 泉

3.薄暮光けふは世界に触れ過ぎた指が減るまで石鹸で洗ふ / 大室ゆらぎ

4.誘蛾灯のまたたきのごと終バスの窓に流れるコンビニのあかり / 桑原憂太郎

5.このごろの夜にいや増し光る罅寝室にあり宿直(とのい)の月か / ふゆのゆふ

6.おばちやんはどこも同じと思ひけり大阪も旅に出会ひし沖縄も / たかだ牛道

7.駅までのコンビニの道 青信号まもつて渡るひとなどゐない / 梶崎恭子

8.蜘蛛の子ののろのろのろ地球儀の今シベリアの空を夢見る / 田宮ちづ子

9.逢いたいととろ火で想いつづけたら夢夕暮れの橋で寄りそう / エリ

10. カッターの替え刃こまめに折なさいキレるというはそういうことよ / 北島裕子

11. 自販機にぽかりすぇつと見えずなりコンビニ横に猫の目ひかる / 渋谷和夫

12. ミスターと自ら名乗るドーナツの甘き香りに我はよろめく /照井夕佳詩

13. 海原のかなたに生れて海原のはるかに果つるいちぢんの風 / 伊波虎英

14. 庭さきに野紺菊いつか群れ咲きてうすむらさきの花のそよげる / 永井秀幸

15. 十三夜ふりさけ見ればゆふやけの名残の雲は褪せゆくところ / 弘井文子     

16. 反射材のひかりがふたつ夕暮れははやくなりしか夫婦のさんぽ / 竹田正史

17. クッキーはとうに食べ終え花も褪せピンクのリボンだけが残りぬ / 織田れだ

18. 裏側のヤヌスの顔は見たくない合わせ鏡の片方を割る / 海野 雪

19. はろばろとアダムの血を引く汝といて分かち合うなり無花果のタルト / 間 ルリ

20. 自らの命を絶つを止めるなら何故止められぬ世の圧迫を /伊庭日出樹

21. 目の中に漢字動かし読み迷い孔子の上に生徒伏したり / 岩下静香

22. フリースの手袋布地頑丈で縫製弱くそこからが駄目 / 生沼義朗

23. タカイタカイに娘の口から光もれ我の口へとまっすぐに伸ぶ / 太田賢士朗

24. 今日もまた降りる事なきこの駅を通過するとき憶う短歌(うた)あり / 三田村まどか

25. きえかかる手首の傷に着陸し飛びたってゆくジャンボジェット機 / 木嶋章夫

26. ステップの左か右かまよひ立つエスカレーターの文化の境 / 西五辻芳子

27. 朝のラジオは「今日の出来事」地味に告げ十九年前のパリ乞巧奠(きこうでん)/ 勺 禰子

28. ため息をついている人ばかり立つ飯田橋駅快速通過 / 村田 馨

29. 新しく家建ちたれど棲む人を誰も知らざり三角四角 / さとうひろこ

30. われの手よわれを離れて晩秋のしろき川原にあそべよひと日 / 吉岡 馨


なおこの記事にコメントはつけられません。
以前のコメント同様、それぞれの作品に関するスレッド直接お願い申し上げます。
12月1日の土曜日以降は、コメントは一切つけられなくなりますので、
書き込みはお早めにされますことをおすすめします。

なおここ数回の詠草数・コメント数および参加状況などを見ますと
昨年から今年にかけて行いました年6回開催は頻度が多く、
1回おきに参加される方が多いなど、必ずしも機能していないことや
また選歌導入に伴う、幹事の事務作業の煩雑化などを勘案し、
幹事間の協議の結果、来年の短歌人ネット歌会は年4回開催とさせて戴くことになりました。
時期は2、5、8、11月をそれぞれ予定しております。
題詠と自由詠を交互に行う方式は引き続き変わりありません。

したがいまして、次回第14回歌会は自由詠形式で、2013年2月開催を予定しております
(詠草募集は1月下旬より開始します)。また歌会に対する改善案などありましたら、
積極的にお寄せ下さい。できる限り運営に反映させて参ります。

次回もたくさんの方々のご参加をお待ち申し上げております。
ではもうしばらくの間、よろしくお願い申し上げます。
posted by 短歌人会 at 18:00| Comment(0) | 第13回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント