この記事へのコメント
ほんとうにそのひとを心配しているのなら「要返信」とか「至急」とかはいらないはず。作者の静かな怒りが伝わってくるいい作品だとおもいました。
Posted by 青柳泉 at 2016年11月07日 22:12
>災害を見舞うメールに「要返信」「至急」とありぬ消してやりたし

青柳泉さんがお書きのように、無作法この上ないメールですねぇ。見舞いのメールに返事を求めること自体すでに、身勝手です。
結句「消してやりたし」の気持ちは分かりますが、そこまで言わず、ちょっと「いなす」というか、「ずらす」ぐらいでも、相手の不躾さは伝わりますが、作者は言わずにはいられなかったのでしょう。お察しします。
Posted by 弘井文子 at 2016年11月24日 09:18
青柳さん、弘井さん、コメントありがとうございました。

前の職場の後輩が転職して鳥取に住んでいるのですが、この前の地震のときに、京都の前の職場の上司から彼のところに「【至急】諸々確認」というタイトルで「こっちも切羽詰まってるんで確認お願いします」というメールが来たと聞いて、唖然としてしまいました。
「消してやりたし」については、もっと怒りが伝わる怖さ倍増の別の表現があるような気もしましたが、思いつかなかったのでそのまま提出しました。残念です。

それではまた、次回もよろしくお願いいたします。

Posted by 津和 歌子 at 2016年11月27日 15:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443583374

この記事へのトラックバック