この記事へのコメント
@立冬の前に木枯らし1号がふいた。Aおおらかな婚期を過ぎた兄を私は持っている。すなわち私の兄は婚期を過ぎた年齢でもおおらかな性格である。この二つの事件ないし状況をBコラージュした歌(@+A=B)と見受けました。作者は木枯らし1号のニュースを聞くなりして兄の身を思い、兄にもいつしか婚期を逸する冬の時節が到来したと、にもかかわらず、ご当人は暢気でおおらかであると、おそらく妹の心境として歌ったと思われるが、結句があまりにも唐突で尻切れトンボの印象だ。その点、いい内容であるので勿体ない、なんとかならないものか、という気がします。
Posted by かわすみさとる at 2017年11月16日 11:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]