この記事へのコメント
「断りながらはずむ」という感情が解りませんでした。これ、断りながら「も」なら、よくわかったのですが。
初句の「大連」が唐突で大胆だけど、私には、さほど違和感はありませんでした。

Posted by 桑原憂太郎 at 2017年11月12日 00:55
「断りながらはずむこころは」がよくわかります。
この方は仕事の依頼を受ける気持ちはなかったのだと思います。
当然のように断る。けれど、そのような依頼があったことを嬉しく思っているのだと。そこには断ることへの躊躇はないように思います。
私にもこのような経験があり、当然、お断りしたのですが、依頼があったことが嬉しかった記憶があります。
「大連」でのお仕事というのですから、私が受けたようなちっぽけなものではないはず。断りながら、私自身への肯定感が高まったのではないでしょうか。
桑原さんのおっしゃるように「も」が入ると分かりやすいかもしれませんが、躊躇の気持ちがない、スパッと断る潔さが感じられていいと思いました。
Posted by 鎌田章子 at 2017年11月12日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]