この記事へのコメント
この歌を読んでまず思い出したのは永井陽子さんの「ひまわりのアンダルシアはとほけれどとほけれどアンダルシアのひまわり」です。
三句から四句のリフレインが似ているなと思ました。
ところでこの歌の解釈はわかりませんが、読後はなぜか切ない心持ちになりました。
Posted by 馬淵のり子 at 2017年11月14日 20:08
永遠に折れたままとは思わねど思わねどその細長き指

歌の構造としては前評者の方のご指摘の永井陽子さんの歌に似ていると私も思っていました。
「細長き指」から私が、思い浮かぶのは、京都太秦の広隆寺の国宝「弥勒菩薩半跏思惟像」(宝冠弥勒菩薩)です。
昭和三十五年 ひとりの京大生が、
その菩薩に接吻しようとして左頬が、弥勒菩薩の細長い右手の薬指にふれ折れてしまった。
とっさに折れた指を持ち出したのですが、もどして自首したという
事件が、しばらくしてまた、私の中で繋がりました。
半跏思惟とは片足を下ろし組んで座り片手を頬にあて、未来に人々をどのように救済するか思索する姿といわれています。
その細長き指は修復され、その京大生も健在であれば70代代後半に
なっていることでしょう。
ここでまた、永井陽子さんの歌を振り返ると、
ひまはりのアンダルシアはとほけれどとほけれどアンダルシアのひまはり
「とほけれどとほけれど」が、切ない響きでこの歌と呼応し、美しき実存の喪失が、ふとした個人的な衝動で失われた時のとほいとほい遥か未来をみすえた歌として印象深く心に残る歌です。
Posted by 西五辻芳子 at 2017年11月16日 16:32
西五辻さんのコメントを読んで歌意を理解できました。ありがとうございます。後で作者のコメントを是非伺いたいですね。
そのような事件があったことを知らないとこの歌は詠めませんし、また理解できないと感じました。
美しい菩薩像と細長い指からその愛おしい心理がぐっと伝わってきました。奥深い短歌の読み、難しいですね。
読み返していると更にしみじみと感じられました。
Posted by 馬淵のり子 at 2017年11月17日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]