この記事へのコメント
コンビニの明かりは消えることがない。主体との心の距離がみえます。明るさを前にぼやっとした寂しさを感じました。
Posted by 宗岡哲也 at 2017年11月09日 11:28
「わたしと無関係に」と敢えて言うことで、コンビニとわたしの無関係な関係性がかたち作られます。
まよなかのわたしはコンビニエンスストアーと無関係にくらいのかも。そんなことが隠れている面白い一首と思いました。
Posted by 鶴羽一仁 at 2017年11月11日 20:40
私も鶴羽さんに同感で、「わたしと無関係に」がコンビニの明るさを際立たせていると思いました。
Posted by 加藤隆枝 at 2017年11月11日 22:29
一首、格別なにという特別のことを詠んでいる訳ではないのですが、読者にその背後にある様々の事情を推量させる面白さがあります。真夜中に街を歩いていること自体、何か事情がありそうです。離別してきた寂しさ、話し合いが決裂した帰りのほとぼりの冷めやらぬ憤り、自棄酒に酔って帰るむなしさなど鬱憤をかかえているのでしょう。そんな作中主体にとってコンビニの明るさはあまりにも異質で無関係に感じることでしょう。十七音のなかに内在するドラマが読み取れて、その単純な詠みゆえに面白いと思いました。
Posted by 高井忠明 at 2017年11月12日 11:27
こうした発想の作品は多々類想がありそうな気もしますが、「コンビニ」という馴染みの略語を使わず「コンビニエンスストア―」と言ったことによってその店の存在感が感じられることと、「無関係」だけを漢字にしてこの語を目立たせているところに作者の技があると思いました。ほんとうに全く何の関係もなければ「わたしと無関係に」などとあえて言わないはずで、「無関係に」は“そうは言っても関係はあるんだよ”というのを見せ消ちにしているフレーズで、そのあたりから醸し出されるペーソスがいいと思います。
Posted by 斎藤 寛 at 2017年11月14日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]