この記事へのコメント
句割れ、句またがりの多い歌で最初読みにくかったですが、二回、三回と読んでいるうちになんとか解消されました。
馬橇で雪道を新聞配達するという大変珍しい題材で読ませる歌になっています。句割れ、句またがりを減らしもうちょっと読みやすくすればなお良い歌になるように思います。
暗き道で橇の跡が見えるのかも気になります。薄暗いくらいではないでしょうか。
Posted by 永井秀幸 at 2018年02月09日 16:35
回想の歌でしょうね。
「まだ暗き」ですから明けきらない朝なのでしょう。朝刊を配達に来た馬橇のあとが残っているのを見つけたのです。
「馬橇」です。「馬車」ではない。つまり馬橇の来た跡は雪の上についていた跡。永井さんのおっしゃる通り雪道です。
昔、北海道の冬は馬橇でした。雪道に馬車は向かないからです。
二句三句目が気になられたようですが、私はさほど感じませんでした。
懐かしい想いで読ませていただきました。
Posted by 鎌田章子 at 2018年02月09日 21:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]