この記事へのコメント
「寒き世で」難問を抱えて、ともすれば
絶望しそうな中、「新芽は出でる刹那
うかがう」。冬の寒さの中で、命を育んで
いる様子が思い浮かびます。
「新芽」とは自然界の新芽とも解釈できますし、
進むべき新しい道または選択肢とも解釈できて
想像力をかきたてられます。
Posted by 本間美保 at 2018年02月18日 10:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]