2018年05月02日

第35回短歌人ネット歌会詠草一覧

第35回短歌人ネット歌会の詠草一覧を発表します。
詠草を提出された方は、ご自分の詠草に間違いがないかご確認下さい。
なお括弧内はルビとなります。

もし万一ご自分の詠草に誤植あるいは未掲載などがありましたら、
5月5日(土・祝)の20時までに tankajin.eisou@gmail.com  まで
メールでお知らせ下さい。ただし原則、幹事サイドのミスに基づく誤植や、
メールの不具合等によって生じた未着による追加に限り、推敲等の訂正には応じられません。

なおここしばらく、詠草送付先アドレスの運営元での不具合のため、
メールの大幅な遅着や未着が発生しております。

特に詠草が未掲載の方は、詠草が到着していない可能性が高いので、
ご迷惑とお手数をおかけ致しますが、この記事のコメント欄に
未掲載の旨と参加詠草を直接お書きこみ下さい。

その場合はお名前と、最近入会された方は会員番号をできましたらお願いします。
なお書き込まれた内容は公開されませんので、ご安心下さい。

また詠草訂正・未掲載いずれの場合も、締切を過ぎてからのお申し出は
お受けできませんので、かならず5月5日(土・祝)の20時までにご連絡下さい。

===2018/5/7 07:00 追記 メールの不着により、期日内に送られたものの、
   詠草一覧に入っていない歌がありましたため、31番の歌を追加いたしました。ご注意下さい。===

【詠草(自由詠)】 ※カッコ内はルビとなります。 

1.木の花が咲いたと父に伝えたい知られず過ぎるゆりの木の花

2.窓越しに感じる君の体温を汽車はゴトンと連れ去ってゆく

3.一杯の水のみたまえ窓際のライムグリーンのポトスがまぶし

4.手術を受けむ妻と門出れば陽のあたり家並みは明くゆく胸照らす

5.寝転びて本よみおれば「ぐうたら」とソファ陣取り父笑うかな

6.廃城となりたるのちの年月を蹴散らすやうに旅人の群れ

7.野菜室で野菜が次第に腐乱していくかのような我妻と我

8.夕闇に沈丁花の香まじりたり私鉄沿線墓域のごとし

9.膨らみし梅の花芽のその芯のひとつひとつに力点のあり

10. 非常階段の天辺でタバコ吸う男今にも飛び降りそうだ

11. 罪一等減じられて後の人生は水の味をそっと嗅ぎ分けるごと

12.「ち・よ・こ・れ・い・と」 六つ進みて振りかへる母につき来て二歳児(にさい)は笑まふ

13. 日時計の秒針の音? いえそれはあなたの胸の高鳴りの音

14. 自らの孤独死予想を子は言ひぬ日差しに眩む春なほ寒き

15. またの名を酒仙、高田渡にはなれそうもない山口達也

16. 「ダビンチ(ロボット)」の手術によってもEDとぞ 迷える夫に妻はうなずく

17. 音楽と共に優しく揺れている月の光と夜とガーベラ

18. なめらかに詩歌を語る人とゐてだんだん居心地がわるくなる

19. 身を揉んで五月の風の中にいる樹になりたいかと問う人のあり

20. ひとさしゆびの先で星を描くことを大丈夫のおまじないにしてる

21. 突っ張ってばかりの娘でごめんなさい白いカーネーションは手向けず

22. 窓の外(と)を過り吹きあげ幾千のさくらはなびらが舞ひ飛びゆけり

23. 車道へと尻向けてフンする犬のプライバシーは守られていず

24. うつむいていたのだ私きがつけば窓の向こうに若葉あふれて

25. 美しい人は美しいままに逝きたり賀状の美しい文字

26.羽があるときは飛んださ嗚呼いまは肩甲骨がひどくおもくて

27.本当のことを知りしときんつばの衣剥がして騒がしきひと

28.よく遊びよく眠りまたよく遊ぶ連休中の小学生たち

29. 一市民を意識したしと春雨の議事堂前にわれしばし立つ

30. はるさめに砂岩の墓碑はかへりゆく土より生まれ土となるまで

31.線路沿い駅から駅へ咲く薔薇のみどりの指の持ち主は誰


詠草は以上です。
今回は31首の詠草が寄せられました。皆さま、ありがとうございます。

コメントはそれぞれの作品に関するスレッドにお願い申し上げます。
コメント受付期間は5月7日(月)から5月25日(金)までとなります。
アップ作業および集計が速く終われば、前倒しして発表します。

詠草を提出していない方でも、短歌人会のメンバーでしたら
どなたでもコメントできますので、奮ってご参加下さい。
皆さまの活発なコメントを期待します。

さらに個別のコメント以外に、今回の歌会全体の作品について
忌憚ないご意見を交わす場として、この記事のコメント欄を開放します。
詠草全体の傾向や、今回の題についてのご意見などこちらにお寄せ下さい。

それ以外にご不明な点がありましたら、
tankajin.eisou@gmail.com までお願い申し上げます。
posted by 短歌人会 at 08:00| Comment(0) | 第35回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。