この記事へのコメント
よく遊びよく眠りまたよく遊ぶ連休中の小学生たち
面白い歌だと思う。この上の句には定番たる「よく学ぶ」が欠けているという面白さが、まずある。常套句たる「よく学びよく遊ぶ」という、修身のお題目のような言葉が、考えてみれば、我らの身をがんじがらめにしていたのかと、初めてのように気づかされるのだ。この歌の下の句もまた、はたして今の子は、我らの世代と違って学ばなくとも生きていけるのかという、豊かな生活の中にいるのだろうかとも、ふと考えさせるのだ。
Posted by かわすみさとる at 2018年05月13日 20:40
いいですね。

小学校時代は思いっきり体をつかって五感を働かせるといった実体験をたくさん積むことがとても貴重なようです。かわすみ様が「学ぶ」ことについて書かれていましたが、わが子の担任の先生曰く、そういった実体験が「学ぶ」力への根源となるそうです。
学ばなくても生きていけるのかは私もよくわかりませんが、子ども時代のことについて、さらには自分の生き方について、考えさせられる一首ですね。


Posted by 本間美保 at 2018年05月14日 00:46
伸びやかでさわやかに連休が歌われています。
「小学生」へ差し向けられるユーモアのある暖かい視線が素晴らしいと感じましたら、
Posted by 橋道子 at 2018年05月17日 15:25
よく遊びよく眠りまたよく遊ぶ連休中の小学生たち

五月のゴールデンウイークには沢山の子供たちが楽しそうに
よく遊んでいましたね。
二句で「よく眠りまた」とうけ三句「よく遊ぶ」と畳むところが
単純明快でおもしろく選歌させていただきました。
Posted by 西五辻芳子 at 2018年05月25日 02:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]