この記事へのコメント
「ネット歌会の熱気」だけではその「熱気」はつたわりにくいのではないでしょうか。
読者は、そこをこそ知りたいので、もう少し教えてほしいという気持ちが残ります。
『風通し』という書名が魅力的ですから、やっぱりその内容を知りたいと思わせてくれます。
Posted by 山中 もとひ at 2018年08月24日 11:32
作者の斎藤寛です。山中さん、コメントありがとうございました。
「風」という題から「風通し」という同人誌のタイトルが浮かびました。
「風通し」については下記の記事(東郷雄二さんのサイト)をご参照ください。
http://petalismos.net/tanka/kanran/kanran32.html
「次号はもう出ないという可能性だってある」と東郷さんが書かれていた通り、最初で最後の1号となったようです。なお、誌名は正確には(奥付の記載通りに記せば)「風通し その1」です。
詠草を送った後に、熱気を閉じ込めたら風通しが悪いよね、と反省しました。初句〜3句は「ネット歌会の熱気を今に放ちつつ」ぐらいに直そうかと思っています。
Posted by 斎藤 寛 at 2018年09月10日 05:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]