この記事へのコメント
こんな夢みたなあ(昔、若いころ)と、その時の風の吹き方吹かれ方を思い出しました。
夢は見るものに決まっていますから、結句の「(夢)を見ました」の5音がもったいないと思いました。
もう少し、夢の草原のさまを描写できるのではないでしょうか。
Posted by 山中 もとひ at 2018年08月24日 10:10
前評、山中さんの結句の指摘、もっともだと思います。ただし、下句はするすると読めるので、七七の「〜を」「〜を」の律感を大切に詠いたいのであれば、そこは作者のご判断になると思います。「飛んでる」のイ抜きも、この歌には合っていると思います。

いずれにせよ、上句、下句ともに、やや常套な描写におさまってしまっていますので、どちらか直されるとよいかと思いました。
Posted by 桑原憂太郎 at 2018年08月28日 20:09
メルヘンの世界に誘われるような感じで詠みました。
丘の上なら草が広がっていているのは当然かなとも思い、丘の上を飛んでいる情景を作者らしい言葉で表現されたらもっと読者を引き込むことができたのではないでしょうか。
Posted by 馬淵のり子 at 2018年08月31日 10:38
語順に問題があるように思いました。「風を切り」は「広がる」ではなく「飛んでる」にかかるのですよね。一読、その点がわかりにくいように思いました。「広がる」という動詞は外して、他の言い方に換えられないかなあ? と思います。それと3句末尾〜4句冒頭、字面から「上空」という熟語を思わせてしまうのではないかと思います。「上」はひらがなに開いてもいいのではないでしょうか。

結句「夢を見ました」については、山中さんの評とほぼ同様のことを思いました。空を飛んで行ったらこんなことになった…という一首にすれば、これは夢または想像なのだろうとわかります。以上、夢でしたとバラしてしまう歌は良くない、と瀬一誌さんがたびたび言われていた、という話を思い出しました。(と言いながら「短歌人」9月号の拙詠にて「あ、夢。」とバラしている一首がありますが…^^:)
Posted by 斎藤 寛 at 2018年09月01日 07:59
風を切り草が広がる丘の上空を飛んでる夢を見ました

お歌全体から、穏やかに空を飛んでいる夢の中を想像しました。初句が「風を切り」ですし、夢の中なので〈空を飛んでいる、このすごさ!〉みたいなものが加われば更にお歌がワイルドになるのではないか、と思いました(おこがましくてすみません!)。
Posted by 笹渕静香 at 2018年09月14日 19:54
作者の本間美保です。
皆様、示唆に富んだ評をありがとうございます。大変嬉しく思っております。
お礼が遅くなりまして申し訳ありません。

これは4〜6歳頃に何度か見た夢です。
眠りにつくと自分は小高い丘の上に立っていて、次の瞬間飛ぼうと思わないのに体が浮いて、眼下に広がる草をしゃーっとなびかせながら低空飛行をしていました。
その後「ストン」と体が落下する感覚と共に目が覚めていました。しかも真夜中に(笑)。
皆様から頂いた評をふまえて、かつこれらの要素を絡めて詠みなおしてみたいと思います。

高瀬一誌さんの逸話、興味深いですね。そんなことがあったのですね。教えて頂きありがとうございます。

Posted by 本間美保 at 2018年09月16日 02:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]