2018年11月22日

第37回短歌人ネット歌会お知らせ欄

第37回短歌人ネット歌会に
多数のご参加をいただきありがとうございます。

コメントが少ない歌、あるいは質問が出ている歌や
議論が起きている歌などについて
この欄でアナウンスさせていただきます。

ぜひコメントをお寄せになる際のご参考にしていただければと存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。


■コメントが1つの歌

18.飲み会で「やめとけ」とそっと言う程のおせっかいなら許されるでしょう

■コメントが2つの歌

2.鈴ゆれて天高くまで広がりぬ神よぶ花よ巫女(かんなぎ)の舞い

4.その奥に暗室のあるカメラ屋の朝ふる雨に酸き匂ひ顕つ

8.伯林青(べれんす)という色に爪染めてみる夜ふけの空をつかもうとして

9.季節はづれと疑はれても十月を本然として子福桜咲く

10.爺ちゃんは爺ちゃんであってそれ以外の何ものでもないまして祖父(おおちち)

14.朝夕の寒さがそぞろ身に沁みてくるやうなりき秋深まりぬ

■質問や疑問が出ている歌・読みの分かれている歌

6.人在らば今宵は何の王になるゆうらゆうらと叫び過ぐ声

20.波の音巻き込みながら落下して落下してゆく秋の日暮れは


【11/22(木)9:00現在】
posted by 短歌人会 at 10:31| Comment(0) | 第37回歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。