この記事へのコメント
わからない歌でした。3句4句のひらがなをどう読むかが。
勝手に想像してみました。

「取り返しつかぬと悶ゆ」

ただ、それだとあまりにも苦しすぎる歌になってしまいます。
ご自身の人生を器用に世の中を渡っていくようなずるさも洗練された世渡りもしてこなかったことを悔やみ、もう取り返しがつかないと悔やんでおられる。しかも、鬱が深まり始めている。

私自身が高齢者ですから、似た年代の人だとしたら、ちょっとカウンセリング受けたらいいよなんて要らぬお節介をしたくなってしまいます。

どなたか、いい読みを教えて下さい。
Posted by 鎌田章子 at 2019年02月19日 10:03
一読して切々とした感情が伝わってきてとても引き込まれた歌です。

3句4句目は私も鎌田さんが仰るように「取り返しつかぬと悶ゆ」と読みました。他の読みは恐らくないのでしょうが、もしありましたらどなたがご教示ください。
Posted by 高良俊礼 at 2019年03月01日 21:57