この記事へのコメント
 三十一音五句の歌の定型におさまっていますが、三句の「こんにちは」が如何にも私には判読しがたい。
 「こんにちは」が単なる挨拶なのか、何か感動を伴うような挨拶なのか、判らない。三句を消せば文意は容易になりますが、この「こんにちは」は何なのか、作者にお聞きしたいところです。
Posted by かわすみ さとる at 2019年03月04日 15:46
「こんにちは」ははじめて立ち上げたときのPCの画面上に現れる文字と解釈しました。「これには数分かかりそうです」もひょっとしたらそうかもしれません。いずれにしても、これでは分かりにくいのでパーレンを使うなどして「こんにちは」を一旦脇に置いたらどうでしょうか。
Posted by 村田馨 at 2019年03月04日 22:24
かわすみさん、村田さん、ありがとうございました。
「こんにちは」「これには数分かかりそうです」は村田さんが書いていらっしゃるとおり、初めてPCにログインしたときに表示される文字です。何時であろうとこちらが急いでいようと変わらないある種の不条理さを歌にしたかったのですが、あまりにも言葉足らずでした。
また次回もよろしくお願いいたします。
Posted by 津和 歌子 at 2019年03月11日 23:33