この記事へのコメント
インスタ映えの時代です。
口コミでは伝わらなかったことが、ネットでは文字通り、目にモノを言わせています。
キーワード一つで、数多並ぶ画像たち。終日みていればそれはもう寝ても覚めても浮かびます。増してパフェ!口の中も幸せになれそうです。
はっきりとはわかりませんが、うら若き女性のかたでしょうか。詠み人が気になりました。
Posted by 瑞坂 菜 at 2019年05月19日 21:45
 作者は、何かの必要があってか、あるいは趣味的に日がな一日パフェの画像を鑑賞し続けてしまったのですね。その結果、パフェの姿がまぶたに焼き付いて離れないようだ、と読みはこれでいいでしょうか。
 場面はよくわかりますし、パフェではなくても似たような経験のある人はおおいはずなので、納得できる内容です。
 この出来事が作者にとってうれしいのか、うんざりしている体験なのか、そこを読む人にまかせたことも、広がりがあっていいと思います。
 せっかくのパフェの姿が、見えてこないところが、ちょっともどかしい感じもします。
 脅迫的に迫ってくるチョコレート・パフェだとか、かわいいけど空気読めない感じで居座るフルーツ・パフェだとか、いろいろ想像してしまいます。
Posted by 山中 もとひ at 2019年05月22日 09:25
作者の高良です。瑞坂さん、山中さん、コメントをお寄せいただきましてありがとうございます。男性で中年ですが甘いもの大好きです。特に最近はパフェの美味しさと奥深さにすっかりハマッております。

目一杯の愛情をストレートに表現しようと試みましたが、ご指摘のようにパフェの具体的な姿を強く現すことが出来なかった事が痛恨です。
Posted by 高良俊礼 at 2019年05月31日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]