この記事へのコメント
とても共感できる歌です。
僕もスーパーで鰻を買います。
スーパーだと中国産が多いのですが、それでも旨いです。
結句が「じふぶん旨し」でビシッと決まっているので読んでいて気持ちがいいです。
いい歌だと思いました。
Posted by 木嶋章夫 at 2020年05月14日 07:48
ほんとうは専門店で食いたいと思っているわけなのでしょうが、結句が自分に言い聞かせているようでもあり、ほほえましく思います。
四句の字余りを、主体の屈託の表れと読むこともできるかなと思いました。
Posted by 桑原憂太郎 at 2020年05月15日 21:16
スーパーで買ひたる鰻ではあれど飯にのせ食へばじふぶん旨し

一読よくわかり全く欠点がない歌、時世に合い共感しうる歌が私の選ぶ時の基準なので、三首選に残った歌の一つです。
この歌は、外出自粛中の贅沢な一コマを詠まれていて好感をもちました。
食べ物の歌は、やはり食べたいなあと思わせるものがよく「飯にのせ食へば」で湯気のたつ白い御飯に蒲焼がのった景が誰しも浮かびます。飯(メシ)ではなく飯(イイ)と読めば万葉集の時代から日本人が栄養をとった鰻の来歴がふつふつと浮かびます。
ちなみに私も二日にわけてスーパーで買った鰻を家族で一番の贅沢といわれつつ頂きました。とても倖せになりました。
Posted by 西五辻芳子 at 2020年05月16日 03:30
西五辻芳子さん、 木嶋章夫さん、桑原憂太郎 さん、選んでいただき、またありがたく、嬉しい評をいただき、ありがとうございました。
Posted by 永井秀幸 at 2020年05月25日 16:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]