この記事へのコメント
貝殻のような二つの肩甲骨を掌で感じるなんて、なんて小さい赤ちゃんなんでしょう。
きっと生まれたてに近い赤ちゃんでしょう。
まるで壊れやすい宝物のように畏れつつ愛情深く抱き上げる親の気持ちが感じられます。

貝殻のようなという比喩が文学的でとてもいいですね。
Posted by 海野 雪 at 2020年11月18日 11:18
海野さんに同感です。
半世紀近く前に助産師をしていたので、たくさんの新生児を見てきました。左手に新生児の頭を支えてお湯に入れると気持ちよさそうにしてくれるのが楽しかったです。この時、一番に触れるのが肩甲骨でした。他の骨は筋肉や脂肪に隠れていて触れにくい(頭蓋骨は別ですけれど)ので、ここに注目したのがいいなと思いました。
Posted by 鎌田章子 at 2020年11月18日 14:12
今回の歌会で一番好感をもった一首です。
生まれて間もないわが子を抱き上げた時のたなごころにすっぽりおさまるような小さな命への慈しみが感じられます。
上の句の「貝殻の」「やうな肩甲」「骨ふたつ」の比喩としらべが句跨りですが
上手くおさまっています。どの様に抱き上げたシーンなのかで、生後何か月かわかるのですが、首のすわった吾子をすっと抱き上げた時の掌に感じた肩甲骨
ともとれますね。あとで作者の伺いたいです。

Posted by 西五辻芳子 at 2020年11月21日 05:18
その昔、わが子や孫たちのまだ首の座らない期間に湯あみをさせるのが私の仕事でした。この歌を読んで、嬰児を掌に乗せたときの忘れていた感覚を思い起こしました。貝殻のような肩甲骨は言いえて妙です。その孫たちも全員成人して、もう寄りつきません。
Posted by 井忠明 at 2020年11月21日 09:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]