この記事へのコメント
「芙蓉流るる冬の速度で」という下の句が魅力的なのだが、真ん中の「眺むれば」の語感が古臭く思える。何か別の言い方があるのではないかと思えるのだが。
Posted by 藤原龍一郎 at 2020年11月19日 19:18
芙蓉は冬には咲かないので、不思議な歌です。
「冬の速度で」というところ、詩的でいいですね。
北風をイメージするような速さでしょうか。
Posted by 木嶋章夫 at 2020年11月20日 13:47
枯芙蓉という冬の季語があるので、そこは違和感がなかったのですが「冬の速度」が難しかったです。

なんとなく芙蓉の花が咲いていれば車窓からも「ああ、咲いているなあ」と眺める時間を楽しめるが、枯れた芙蓉は体感的にもあっという間に目の前を過ぎてゆくという意味かもしれません。
Posted by 光本博 at 2020年11月20日 22:17
私は「冬の速度」はゆっくりとした速度を連想しました。
人生を四季に喩えるなら冬は時が一番ゆっくり流れていくのではと。
(その時期を生きている人にとっては1年はあっというまに過ぎていくのですが、変化が少ないという意味で<冬>はゆっくりではないかと)
また山をくぐっているようなバスはきっとゆっくり走っていると思うので。
Posted by 海野 雪 at 2020年11月20日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]