この記事へのコメント
 雨ざらしのベランダなどに履く人のいない雨靴が放置され、そこに雨水がたまるままにされているようです。この雨水は作中主体の涙の喩ともいえそうです。雨靴の深さの描写に雨水が降っても降ってもまだまだいっぱいにならない、涙にくれる作中主体の悲しみの深さがあらわれていると考えます。
Posted by 光本博 at 2020年11月17日 22:18
なんとなく「あなた」はもう亡くなっているような雰囲気を感じました。
最後の「日」が効いているのだと思います。
Posted by 木嶋章夫 at 2020年11月20日 12:59
愛した人の雨靴なら、あつかいがゾンザイなように思います。何か嫌な事のあっての別れで、雨ざらしにしている怨念のようなものを感じました。
Posted by たかだ牛道 at 2020年11月26日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]