この記事へのコメント
 一般に向日葵は明るさの象徴として扱われ、イラストでは笑顔まで書き加えられたりしますが、作者はそうした風潮に異を唱えているかのようです。開花時期を過ぎて頭を垂れている向日葵に対してそっとしておこう、休ませてあげようという訴えとも読み取れます。それは同時に作者の心の安息でもあるのでしょう。
Posted by 光本博 at 2020年11月17日 22:17
この歌の感性にすごく共感します。
私も元気の象徴として明るく空を見上げることを期待され続ける向日葵はしんどいだろうと感じるからです。
そして枯れかかってうなだれている向日葵を見て何かほっとする気持ちも同じです。

明るくて周囲を元気づけてくれるような人はそれでも気分が落ち込むときもあるだろうに、つい無理していつも明るく見せているのかなと、そんなことまで思うのです。
Posted by 海野 雪 at 2020年11月18日 08:24
みなさんのように「笑顔を義務付けられる」という視点に同感。明るくなれないときだってありますよね。一首の中に過去が二つ出るところが残念。短歌は過去を表すときには一ついれれば、それが過去と分かるそうです。
Posted by 間 ルリ at 2020年11月20日 16:58
>間さん
過去が二つというのは「義務付けられた」と「自由を得たり」のところでしょうか。
「義務付けられた」は口語になっていますが、文語にすると「義務付けられし」(過去)か「義務付けられたる」(完了・存続)で、ここでは前者だと思います。「得たり」は完了ですが必ずしも過去を表すわけじゃないので、「(過去において)義務付けられていた」が「(現在になって)自由を得た」と僕は読んで、違和感は感じませんでした。

歌の内容については皆さんのおっしゃるとおり共感できるものです。共感性の高い内容だと逆に意外性は薄くなってしまいがちですが、この歌の場合は擬人法が効果的で完成度が高いと思います。
Posted by 寺阪誠記 at 2020年11月20日 22:09
老境に入って、競争、虚勢、儀礼などの一切から解放されて自由の身となったわが身になぞらえて大いに共感しました。勢いの盛んなひまわりに材をとったのもよかったと思います。
Posted by 井忠明 at 2020年11月21日 09:13
笑ふことを義務付けられた向日葵は枯れて俯く自由を得たり

向日葵は動く太陽につねに顔を向けているから、忙しくて大変だろうと思います。
向日葵畑には、たまに一輪、そっぽを向いているのがあって、
そこにピントを合わせた写真を見ることがあります。
枯れて俯いた向日葵に注目するのも、おなじような感情移入によるものでしょうか。

この向日葵に種はあるのでしょうか。「枯れて俯く」のは寂しげな風情ですが
実りの重みで俯いていると深読みすれば、熟年や内省のシンボルとも取れそうです。
「自由を得た」る向日葵にエールを。
Posted by 川上幸子 at 2020年11月23日 15:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]