この記事へのコメント
就職活動(でしょうか)の面接も、このコロナ禍下ではアクリル越しなのですね。同世代の方には当たり前の光景なのかと思いますが、就活から遠い世代としては新鮮な驚きがありました。
「ダメ出し」というところから一瞬練習風景かと思いましたが、「われのみがアウェイ」なのでやはり本番でしょうか。「われのみがアウェイな部屋のアクリル越しに」の各句がア段で始まっていて、軽やかなリズムを感じ、実際のストレスフルな状況との対比を面白く感じました。
Posted by 伊藤まり at 2021年11月27日 15:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]