この記事へのコメント
ネット検索して「呪術廻戦」という漫画を初めて知りました。作者は芥見下下。
「十六茶」が呪術廻戦とコラボしてデザインバッグを出しているのですね。ようやく上の句がわかりました。
「芥」は作者の芥見下下さんでしょうか。
まだ、読みきれていないのですが、いずれにしても仲の良いご夫妻なんだなあと思います。
Posted by 鎌田章子 at 2023年08月18日 11:40
私にとって難解な歌であって、前評者の 鎌田章子 さんの説明をうかがっても、釈然としません。『「十六茶」が呪術廻戦とコラボしてデザインバッグを出しているのですね。ようやく上の句がわかりました。』が理解できないのです、世代のギャップを感じます。年寄りにも分かる説明をぜひご教示ください。
Posted by かわすみ曉(さとる) at 2023年08月31日 16:45
鎌田様、かわすみ様、この度はコメントありがとうございました。

「呪術廻戦」とは作者の芥見下々による、少年ジャンプに連載中の漫画で、現在、テレビアニメでもシーズン2が放送中です。
題詠の「茶」が私には難しく、悩んでいたら、「呪術廻戦があるじゃないか」と得意げに夫が言ってきたんです。はじめ全く理解できなかったのですが、よくよく聞いてみると作者の苗字を「茶見」と間違って覚えていました。
鎌田さんのおっしゃる通り、過去ではありますが「十六茶」ともコラボしているので、間違ってしまうのは仕方がないかもと思いつつ、「芥だよ」と返しました。
今回の歌は情報の省略部分が多く、読みにくかったと思います。かわすみさん、貴重なご意見ありがとうございます。鎌田さん、読み解いていただきありがとうございました。
Posted by 小玉春歌 at 2023年09月10日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック