この記事へのコメント
「なにを待つこともなき吾」なのに、ときめくのが人間なのでしょう。幸福感が伝わって来ます。「たしかに」が効いていると思います。 堀部明兎
Posted by 堀部明兎 at 2024年02月22日 19:28
春休みを待つ身でもなく、進級や初出勤を待つ身でもない私ですが、やはり春を待つ心があり春の足音にときめきます。
共感できる歌です。多くの共感を得られるというのも、短歌の価値の一つだと思いました。
Posted by 大野奈美江 at 2024年02月24日 16:52
春を待つ心、共感できる短歌でした
Posted by 清水 紀久子 at 2024年02月25日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック